プラセントレックス 通販

肌のターンオーバーとシミ

紫外線にはA波とB波があり、2つのタイプはそれぞれ特長があります。

 

A波はB波にくらべて弱いですが、ジリジリと肌の奥に浸透していきます。
一方B波はエネルギーが強く、赤くなって日焼けを起こします。

 

肌は太陽光の一種である紫外線を浴びると肌を守ろうと、皮膚細胞より、メラニンを製造する工場であるメラノサイトへ指令が送られ、メラニンを生成します。

 

メラノサイトは肌の奥底にありますが、そこからメラニン色素を生み出し、そのメラニン色素が角質層に到達する事によって黒く浮き出てくるのです。

 

肌の組織は約28日周期で産まれ変わっているので、新陳代謝が正常に行われていれば、メラニン色素も古い細胞と共に角質になり、外へ排出されます。
この皮膚のサイクルをターンオーバーと言います。

 

ところが、加齢によりターンオーバーが上手く働かなくなると排出される予定だったメラニンが表皮に残ってしまいます。
この状態が蓄積されてくると目に見えないシミがだんだんと薄いシミとなって表れ、それでも放置しているとシミはだんだん濃くなっていきます。

 

メラニン色素は実はお肌を守っている

 

悪者のように見えるメラニンですが、メラニン色素は肌を黒くする事によって肌を守ろうとしています。
もし、メラニン色素が肌を守ってくれないと、直接肌に紫外線を吸収し、それが蓄積され、癌へとなる可能性は高まります。
メラニン色素はそれを阻止しようと働いているのです。

 

ただ、見た目的にはシミは年齢を感じさせてしまいます。
よって、メラノサイを作る原因となる紫外線に注意をする事がシミ予防には効果的です。

 

そばかすとは?

 

そばかすの主な原因は遺伝です。
年齢を重ねるにつれて色が濃くなるそばかすは若い頃からそばかす対策をしておくと良いでしょう。
対策を怠ると、紫外線を受けた皮膚細胞からメラノサイトへ情報が発信され、チロシナーゼ酵素がメラニンを形成し、肌を紫外線から守ろうと黒くなります。

 

 

老人性色素斑とは?

 

老人色素班は、手の甲や腕、肩など紫外線が当たりやすい所によく見られます。
早くて30代から出始め、50代になると8割以上の人に老人性色素班がみられるとも言われています。
薄い茶色のシミから始まり、だんだんそれが濃くなってきます。
そのシミは何年か経つと、イボのようにふくれてくるものもあり、それを脂漏性角化症と言い年寄りいぼとも言われています。

 

シミを作らないための生活習慣

 

・十分睡眠をとる
・タバコを控える
・適度に運動する
・毎日クレンジングで十分化粧をおとす
・日焼けどめなどを塗る
・ビタミンCやビタミンEをとる
・外出後に日焼けのケアをする

 

 

 

 

シミと女性ホルモンの関係

光老化、つまり紫外線による老化は、シミができるなどの肌老化の原因の多くを占めています。

 

しかし、年齢を重ねていく上で紫外線だけがシミの原因ではありません。

 

女性の体は女性ホルモンに守られ体内のバランスが保たれていますが、女性ホルモンのバランスが崩れた時、様々な症状が現れます。

 

更年期による自律神経失調症のような症状もその一つと言えます。

 

また、肌への影響も女性ホルモンがバランスを崩すともたらされるので注意しましょう。

 

更年期とシミの関係

更年期になると、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が急激に減少し、シミだけでなく肌の乾燥やしわの目立ちなど皮膚に対する様々な変化をもたらします。
エストロゲンの減少によりシミやしわが増えるのは、肌の奥底の真皮にあるコラーゲンが減少や変化することが原因とされています。
更年期になると、女性ホルモンのバランスが急激に変化する事により、メラニン色素が増加するので、色素沈着も至る所でおこり、シミの増加に拍車をかけます。

 

妊娠するとシミの増加の関係

シミは、メラニン色素によるもので、メラノサイトという細胞が働く事により生成されます。
メラノサイトは妊娠したからと言って増える物ではないですが、妊娠して分泌が増えるエストロゲンやプロデステインというホルモンの影響によって活発になり、メラニン色素の生成が促進されてしまうのです。
妊娠中は肌が敏感になる人が多く、今まで使用していたものも合わなくなるケースが多いので、妊娠中の肌ケアは見直しが必要でしょう。

 

妊娠中は適度な運動が必要なため、紫外線が強い日でも大きなお腹をかかえてウォーキングする妊婦さんを見かけますが、妊婦さんこそ紫外線ケアはより過剰に行わないと、シミが加速度的に増えるので注意が必要です。

 

 

肝斑と紫外線にとるシミとの違い

 

 

主に30代〜40代に発症年齢が集中しており、症状がみられるのは50代後半くらいまでで、紫外線や女性ホルモンのバランスが原因とされています。
60代後半になると、発症することはなくむしろシミが薄くなったり消えたりする事が知られています。

 

シミと肝斑の大きな違いは左右対称に肝斑はできやすく、輪郭がはっきりしない薄い褐色が広い範囲に広がっているのが肝斑のポイントです。
ただ、肝班は肩やほほ、腕など、紫外線を受けやすい場所に見られるので、紫外線がまったく関係ないとは言えません。

 

また、肝斑の場合はプラセンタと一緒に、トラネキサム酸を服用するとより効果的にシミ取りができるのでおすすめです。



トラネキサム酸500mg


肝斑にはトラネキサム酸500mg詳細はこちら>>